FC2ブログ

シェルティーブログランキング参加中

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

ポチッと一票ご協力お願いワン

投票後ランキングサイトが開きます



プロフィール

レックス

Author:レックス
ボク、シェルティーのレックス。
神奈川のクリスタルマリコ犬舎生まれ。
5.8Kgのチビシェルティー
シェルティー暦3代26年の
ママ・パパの元にきて、千葉で生活中
ヤクザな6才♂最近は白髪も出てきた!?

主な登場人物
れくぱぱ(PC管理人)
レクママ(へっぽこハンドラー)
リーボ♀(大学生) マーボ♀(中三)


最近のコメント


最近の記事


グリムス

おおきくなれ~レックスの木
世界中に木が増えるように

お友達のリンク


twitter


レックスのお気に入り

《画像クリックで詳細ページへ》

とり農園のコラーゲンスープ
レックスは、2週間に一本分をフードに
かけています。被毛に艶がでると
お友達にも評判です。ぜひお試しください



トリの味と歯ごたえを楽しむ北陸健康鶏のたたき
北陸健康鶏のたたき

ペット用小分けミンチのお試しセットペットの健康手作り食のお試しセット
ペットの健康手作り食のお試しセット


月別アーカイブ


フリーエリア


DATE: CATEGORY:レックスの日常

稲刈り後の水田に稲が伸び。。。


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへまずは、ポチッとおひとつご協力を       


結合したトンボはいっぱい飛び交っています(笑)





P1230832s.jpg


というより以前より不思議だったのが

冬には水のない水田(今ももう枯れている)なのに

なんでか夏の初めにはトンボがいっぱい飛んでいる

冬に水がないんだからトンボが育つ環境ではないよこの地区

どこからこんないっぱいのトンボが飛んで来ているのか、不思議だった



上から3枚分のおさしんのトンボ

何をしているかって?

結合しているんだからすることは一つ

それは産卵

それもいっぱいのトンボが稲に植えつけている



tonnbo1.jpg



トンボは水面に産卵すると子供のころから見たり聞いてたレクママ

マーボとでたレクピュー散歩で目を疑うばかり@@@@@


子供の頃見たシオカラトンボは水溜りに産卵していたよ

(乾いちゃう水溜りなのに。゚(゚´Д`゚)゚。)




tonnbo2.jpg


うちに帰って調べたらナツアカネ等は

乾いた水田の稲などに産み付けるそう

春には水が入って来るのを知っているんだって

こういう産卵を連結打空産卵って言うんだって

自分の中の常識が常識ではなかった瞬間だよぉ~ん( ̄ー ̄A)フキフキ



トンボの産卵も奥孵化し(深し)


P1230840s.jpg




シェルティーブログランキング参加中ポチッとお願いワン
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
投票後ランキングサイトが開きます


スポンサーサイト



テーマ : シェルティ☆大好き - ジャンル : ペット

コメント

トンボが飛んでてもそんな事考えもしなかったわ。
で。。。自宅に帰ってちゃんと調べるところが賢い~。

奥孵化し。(笑)ほんと奥孵化稲~!(笑)
とんぼってどうやって増えるのかも知らなかったわぁ。
ほんとレクちゃんちのブログは生きた生物授業。デジタル
ジャポニカ「生物」だわよぉ。
とんぼさん、それにしてもすごい数だねぇ。

うちの芝生にも、トンボが来て・・・ですよ。こんなところに産卵しても??と思っていましたが。。。。


レクママのおかげで、又一つ、おりこうになりました。

トンボも頭がいいんですねw
どこで習ってるのやら…
こないだあまり水が流れてない溝に卵産んでましたがおしり削れないのか不思議でした(笑)

田んぼの土に、じゃなくて、
稲に産卵してるんですか?
その稲、稲刈りされちゃったら卵はどうなるんだろう・・・?
自然の中には不思議なことがいっぱいありますね~

トンボのメガネがほしかった幼い頃の私です。
水色メガネがいいなぁ。

自然のなかで生きている動植物は生命力が強いんですよね。

トンボが飛んでてもそんな事考えもしなかったですね。
秋口に飛んでいる赤トンボはアキアカネですか。あんなに多数でどこでタマゴを産むのでしょうね。ホントに不思議です。

トンボはみんな水面に産卵するものだと私も思ってました。
稲穂にするなんてびっくり!

トンボの産卵も奥孵化し(深し)
  ↑
うまい!

おまけに普段しない臭い嗅ぎ

常歩行進中の伏臥で伏臥する瞬間にしたそうな(# ゚Д゚)ノフォルァヨ!!



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © レクりえーしょん all rights reserved.Powered by FC2ブログ