FC2ブログ

シェルティーブログランキング参加中

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

ポチッと一票ご協力お願いワン

投票後ランキングサイトが開きます



プロフィール

レックス

Author:レックス
ボク、シェルティーのレックス。
神奈川のクリスタルマリコ犬舎生まれ。
5.8Kgのチビシェルティー
シェルティー暦3代26年の
ママ・パパの元にきて、千葉で生活中
ヤクザな6才♂最近は白髪も出てきた!?

主な登場人物
れくぱぱ(PC管理人)
レクママ(へっぽこハンドラー)
リーボ♀(大学生) マーボ♀(中三)


最近のコメント


最近の記事


グリムス

おおきくなれ~レックスの木
世界中に木が増えるように

お友達のリンク


twitter


レックスのお気に入り

《画像クリックで詳細ページへ》

とり農園のコラーゲンスープ
レックスは、2週間に一本分をフードに
かけています。被毛に艶がでると
お友達にも評判です。ぜひお試しください



トリの味と歯ごたえを楽しむ北陸健康鶏のたたき
北陸健康鶏のたたき

ペット用小分けミンチのお試しセットペットの健康手作り食のお試しセット
ペットの健康手作り食のお試しセット


月別アーカイブ


フリーエリア


DATE: CATEGORY:レックスの日常



レクが若い頃

2、3歳くらいまでかな








にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村まずは、ポチッとおひとつご協力を       




携帯の方はこちらにポチっとお願いしますにほんブログ村 シェルティー




お散歩中

車や自転車が横を通り過ぎるとき

ちょうど真横を通られると

車に横から突っ込んで行くというか

飛びかかるようなとこがあったんだよね

毎回ではないにせよ

車が通り過ぎる時ひやひやしたもんだ






20070420レク


吠え掛かるわけでもなかったけど

動くものに反応するのか

ふわっと飛びかかっていくから

車や自転車に巻き込まれるのではないかと

それは心配だった




車社会とはいえ

車が通らない道も多いので

車慣れしてなかったのか

動くものに反応して

そういう行動を取っていたのか定かでないんだけど

車や自転車に気付いたら

レクに先に注意しておくことを繰り返してたら

今はいつのまにかやらなくなったから

そんな事忘れていた


あの頃は結構心配したっけ


月日は怖いもんです

忘れていたんだから





CIMG2850s.jpg




で、ちょっと書いておこうと



そういえばT先生が過去に

レクはしつけをきちんとしなかったら

車や自転車見ると

気が狂ったように吠え掛かって回るシェルになてったって言われたことが、、





そうならなくてよかった。。




シェルティーブログランキング参加中ポチッとお願いワン
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 投票後ランキングサイトが開きます



ペットシア

スポンサーサイト



テーマ : シェルティ☆大好き - ジャンル : ペット

コメント

 はいはい、ウチのオレ様君がまさにそう言う犬でしたよー。
1歳過ぎから2歳くらいまでかな?
こうなると、散歩が苦行になる。
実際、手も痛めて結局手術する憂き目にあった私……。
元々、やるつもりではあったけれど、しつけレベルではなく競技にまで手を出したのは、これをどうにかしたかったから、かも?(お教室に通う頃にはとっくに治ってたんですけど。(^▽^;))
でもね、今でも家で寛いでいる時に、トラックの五月蠅い音が響くと尻尾が立ち上がって騒ぐ事があります。(-_-;)
散歩中は我慢できるようになったけど、家にいる時は許せないんですって。(足痛くするからやめて欲しいわ;)
 リーベはビビリで攻撃性が無いお陰で、外では吠えないし口も出ない仮面をかぶったイイコに育ちました。(-公-;)
家ではこんなに酷いのに!と、思うけれど、外で酷いよりはマシかなぁ~。

Fomalhauさんへ

結構ハードだったんですね、ピース君。
今ではわからないけど、、やっぱりオレ様だ!
散歩中は許せて、お家の中では許せないの、レクもありますよ。外の道路、歩いている人が気になって
ワタシがいないときは、ガウガウ五月蠅いらしい(困ったもんだ)
車への反応はないのは、単に交通量の違いからかも。

確かに外でって一番困ることですよね。それでけが人とか出たら話にならないし。それでしつけ教室に通い始めたのです、うちも(予告されちゃったしね)
みんな、それぞれなんだなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © レクりえーしょん all rights reserved.Powered by FC2ブログ