FC2ブログ

シェルティーブログランキング参加中

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

ポチッと一票ご協力お願いワン

投票後ランキングサイトが開きます



プロフィール

レックス

Author:レックス
ボク、シェルティーのレックス。
神奈川のクリスタルマリコ犬舎生まれ。
5.8Kgのチビシェルティー
シェルティー暦3代26年の
ママ・パパの元にきて、千葉で生活中
ヤクザな6才♂最近は白髪も出てきた!?

主な登場人物
れくぱぱ(PC管理人)
レクママ(へっぽこハンドラー)
リーボ♀(大学生) マーボ♀(中三)


最近のコメント


最近の記事


グリムス

おおきくなれ~レックスの木
世界中に木が増えるように

お友達のリンク


twitter


レックスのお気に入り

《画像クリックで詳細ページへ》

とり農園のコラーゲンスープ
レックスは、2週間に一本分をフードに
かけています。被毛に艶がでると
お友達にも評判です。ぜひお試しください



トリの味と歯ごたえを楽しむ北陸健康鶏のたたき
北陸健康鶏のたたき

ペット用小分けミンチのお試しセットペットの健康手作り食のお試しセット
ペットの健康手作り食のお試しセット


月別アーカイブ


フリーエリア


DATE: CATEGORY:レックスの日常

レクは去勢済み

去勢をしたのは1歳2か月のとき




にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへまずは、ポチッとおひとつご協力を       



携帯の方はこちらにポチっとお願いしますにほんブログ村 シェルティー




マーキングする仔だったけど

脚をあげてちっこするマーキングでなかったんだよね


で思った





sCIMG0958.jpg



うちの近所にいたトイプーの男の仔は

家の中でも足あげてちっこしていたもん



去勢が早いと脚をあげないって言うひともいるけど

レクはマーキングするようになってからも

脚あげることはなかったね

だから去勢とは関係ないと思うのだ




sCIMG0959.jpg




マーキングはした瞬間に指摘することで

しなくなったんだけどね



う~ん、不思議

これって幼少時の扱いによるの?


でも特になんかしたわけではないけどね




家の中で雄犬を飼うと

脚あげのちっこは大変だなぁって

レオの時思ったんだ

たまにサークルに引っ掛けてたから



この違いはどこから来るのかしらん(^▽^;)






sCIMG0960.jpg








シェルティーブログランキング参加中ポチッとお願いワン
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村 投票後ランキングサイトが開きます




ゴミ分別


スポンサーサイト



テーマ : シェルティ☆大好き - ジャンル : ペット

コメント

うちのコロは、女の子なのに、片足を上げて、ちっこしますよ(涙)どこまでも、男っぽいです。。だから、間違えられるってこともあります。足をあげたときに、体にかからないのか、不思議でたまらないんだけど。

いつも思う、レクは、本当にいい子だよ。

ウチはピースが完全にしゃがみしっこです。
リーベも、微妙に片足を浮かせるけれど、真下にするので家トイレで困る事はありません。(一応、壁側をシーツで囲ってはあるけれど。)
多分、マーキングを許さないから高い所におしっこをかけてアピールしようと言う習慣が付かなかったんじゃないかなぁ……と思うのですが、どうなんでしょうね?
ちなみに、去勢の時期はピースが1歳3か月くらい、リーベは1歳丁度位でした。
ウチはほぼ家でしかさせないけど、女の子でも、逆立ちまでして高い所にかけるコ、いるみたい……。
犬にとって、掛けシッコ出来るかどうかが沽券にかかわる、みたいに考える人もいるけど……足を上げない事がナサケナイ事だ、とは思えないなぁ。
ま、それで楽させて貰ってるからそんな風に思うのかも知れないけれど。(;´・ω・)

コロままへ

コロちゃんってば、男勝り!
掛からないくらい高く、足あげるのかな?

レク、こういうとこは本当にいい仔だよ。



Fomalhautさんへ

そうよね、犬の沽券とか言う人いますいます。あの匂い嗅ぎさせて散歩はさせてあげないなんて、犬の楽しみ奪ってるとか。
レクのマーキングは矯正したし、匂い嗅ぎもやらせないようにしつけした。
でもそれでストレスが溜まってるとは、全然思えないくらい。

足あげて、ちっこしてほしいとは思わないです。
だって大変そう。家の中の処理とかね。
足あげるようになって欲しくないな~って思ってたらそうなった?ってのは、大変ありがたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © レクりえーしょん all rights reserved.Powered by FC2ブログ