FC2ブログ

シェルティーブログランキング参加中

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

ポチッと一票ご協力お願いワン

投票後ランキングサイトが開きます



プロフィール

レックス

Author:レックス
ボク、シェルティーのレックス。
神奈川のクリスタルマリコ犬舎生まれ。
5.8Kgのチビシェルティー
シェルティー暦3代26年の
ママ・パパの元にきて、千葉で生活中
ヤクザな6才♂最近は白髪も出てきた!?

主な登場人物
れくぱぱ(PC管理人)
レクママ(へっぽこハンドラー)
リーボ♀(大学生) マーボ♀(中三)


最近のコメント


最近の記事


グリムス

おおきくなれ~レックスの木
世界中に木が増えるように

お友達のリンク


twitter


レックスのお気に入り

《画像クリックで詳細ページへ》

とり農園のコラーゲンスープ
レックスは、2週間に一本分をフードに
かけています。被毛に艶がでると
お友達にも評判です。ぜひお試しください



トリの味と歯ごたえを楽しむ北陸健康鶏のたたき
北陸健康鶏のたたき

ペット用小分けミンチのお試しセットペットの健康手作り食のお試しセット
ペットの健康手作り食のお試しセット


月別アーカイブ


フリーエリア


DATE: CATEGORY:レックスの日常



レクのあのいたずら覚えてる?



ちょうど2か月前です






にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへまずは、ポチッとおひとつご協力を       



携帯の方はこちらにポチっとお願いしますにほんブログ村 シェルティー



リーボの私物ハムハムしちゃって・・

心配したもんです





そしてそれから数週間後その無くなってた

つまり食べちゃったと思われるものリバースしたんだよね




ワタシは元の形知らないから

リーボのこんなもんじゃない?って言葉を信用するしかなかった






sCIMG0595_201401211139151ed.jpg




しかしですよwww

これがこれが

レクがリバースしたんです先週末


レクをクレートに入れて留守にしてる間に




帰ってきてみると

何、吐いた?って


胃液の中に毛の塊がある


あ、毛吐いたのね

それにしてもいつもよりでかいね


って始末すると硬い!!




よく見ると

毛の塊には白い芯!



まとわりついてる毛をむしり取ると

それもプラスチック状www


つぶれているけど

これはレクがこの間いたずらしたものの一部か!?



2か月の間

胃の中にあったようです



最近、お散歩のとき

走り初めにえづく事があったの



グエって

何か吐くのではないかと思ったけど

吐かないみたいな




どうもこれのせいだったようです


これリバースしてから

このえづくのなくなったから





それにしても2か月の間

胃の中にこんなもの入れたままだったなんて

詰まったら大変だった








sDSCF4224_20140121113917099.jpg




それにしても

毛一本生野菜ちびっとでもリバースするレクの胃の中に

ずーーーーーーーっとあったなんて信じられない



あぁ大事にならなくてよかった!!


改めていたずらされないよう

注意しなきゃね




これは人的被害と同じだもん














シェルティーブログランキング参加中ポチッとお願いワン
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村 投票後ランキングサイトが開きます







オゾン層破壊
スポンサーサイト



テーマ : シェルティ☆大好き - ジャンル : ペット

コメント

2か月も異物がお腹にあったら、気持ち悪かっただろうね。これで、すっきりしたかな。。出てきてよかったね。

 無事に、悪させずに出て来て本当に良かったー!
そんなもの、大事にお腹の中に抱えてなくていいのにね……胃酸で溶けだしたりしないものだったのも、幸いでしたね。
 それにしても、どうして明らかに食べ物ではないものを口に入れてしまうのかなぁ……。
不味い薬は見事に「ぺっ!」したりするのにね。(ノω`;)

コロままへ

気持ち悪かったと思うな。
本当によく入れていたもんです。よかったよ。


Fomalhautさんへ

よかったです。
詰まるとか、傷つけるとかなくて。
金属でなかったから、幸いでした。
全くあんなもん美味しくなさそうなのに。
牛皮ガムも上げたことないんですよ。
噛みごたえが似てたとは思えない(食べ物とね。)
ちっこいもので吐くのに、薬は奥に入れないと出すのにね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © レクりえーしょん all rights reserved.Powered by FC2ブログ