FC2ブログ

シェルティーブログランキング参加中

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

ポチッと一票ご協力お願いワン

投票後ランキングサイトが開きます



プロフィール

レックス

Author:レックス
ボク、シェルティーのレックス。
神奈川のクリスタルマリコ犬舎生まれ。
5.8Kgのチビシェルティー
シェルティー暦3代26年の
ママ・パパの元にきて、千葉で生活中
ヤクザな6才♂最近は白髪も出てきた!?

主な登場人物
れくぱぱ(PC管理人)
レクママ(へっぽこハンドラー)
リーボ♀(大学生) マーボ♀(中三)


最近のコメント


最近の記事


グリムス

おおきくなれ~レックスの木
世界中に木が増えるように

お友達のリンク


twitter


レックスのお気に入り

《画像クリックで詳細ページへ》

とり農園のコラーゲンスープ
レックスは、2週間に一本分をフードに
かけています。被毛に艶がでると
お友達にも評判です。ぜひお試しください



トリの味と歯ごたえを楽しむ北陸健康鶏のたたき
北陸健康鶏のたたき

ペット用小分けミンチのお試しセットペットの健康手作り食のお試しセット
ペットの健康手作り食のお試しセット


月別アーカイブ


フリーエリア


DATE: CATEGORY:ライヤ

昨日、マーボが言い出した

去年の11月もそうだったんだけど

5月30日はライヤの命日









にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへまずは、ポチッとおひとつご協力を       



携帯の方はこちらにポチっとお願いしますにほんブログ村 シェルティー





今朝もレクとマーボの登校に防犯犬レクはお付き合い

でもこれはじめたのは

ライヤだったんだよ



ライヤ、晩年14歳になって足が遅くなっても

必死にマーボに付き添っていた


リーボも低学年の朝練のないころは

付き添ってもらってたよね



ライヤは最後の朝まで

子供たちの登校が気になっていたのさ


動けなくなった体でもね












GRP_0015.jpg






そんなライヤの心を知ってか知らずか

レクも子供たちを気にしつつ一緒に行くんだよね(笑)



レクを迎えて思うことは

ライヤには間違ったしつけをして

怒ってしまったこともあったよね



ライヤが小さいころはまだしつけ教室もなかったしww




P1400837s_20100225214853.jpg




アジを知ったのも

リーボが3歳ぐらいの頃

アメリカのTVの映像を見て

ライヤとあれやってみて~って言っていたけど

どこで出来るのかも知らなかったよ(笑)





P1040681s.jpg






レクは一緒にすることあってある意味

幸せだよね



ライヤが幸せでなかったというわけではない

レクがおこちゃま兄弟感覚なら

ライヤは一緒に子供育てた母か!?(笑)


そんなライヤも4周忌

早いものだね






P1420484s.jpg







シェルティーブログランキング参加中ポチッとお願いワン
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 投票後ランキングサイトが開きます






スポンサーサイト



テーマ : シェルティ☆大好き - ジャンル : ペット

コメント

リーボもマーボもレクちゃんが居てもライヤ姉さんのこと
まだちゃ~んと愛してるんですね。
ライヤ姉さんも充分幸せだと思います。


何年経っても 忘れずちゃんと命日を思い出す子供たち 優しくしっかり育ってくれてますね。
ちょっと ウルっとしてしまったブログでした。

こうして思い出してもらえるライヤちゃんは
とっても幸せな子ですよね^^

レクちゃん、ライヤちゃんの後を引き継いで
防犯犬のお勤め頑張ってね♪

 私も先代犬には、今だったら絶対しないような対応をしてしまった(幼かったというのもありますが……)し、ろくにしつけも出来なかったのですが、それでもとてもイイヤツでした。
 犬と暮らして、あぁすればよかった、こんなこともしたかった、って思いながら世代を超えて行く人の場合、やっぱり犬との付き合い方のスキルって上がって行きますよね。
でも、昔の相棒との間柄が足りないのではなくて、その時代があったからこその今があるわけで……。

 あ、何だか話がズレてしまいましたが、ライヤちゃん、一緒に子育てをした、なんて言われるくらい、ちゃぁんと家族だったんですよね……、そして、今も家族みんなの中で、生きている。
きっと、レクママさんご家族と、レク君の両方に、少しずつ何かを預けていったのでしょうね……。
 今はもういない「あの子」を思い出す日が、悲しいばかりじゃなくて、これからも温かい思い出に包まれる日でありますように。(*-人-)

もう そんなに経つんですね。
早いですね、月日が経つのは。。。。
昔は そんなに犬と何かをやるってこと
一般人には浸透しないお国柄だったからね~
今は ダンスやOBやAG。。。。
一緒に出かける事も出来るようになったし
もっともっとワンコに優しいお国になってくれたら
いいよね~♪
ライヤ姉さんもお空の上で見守ってくれてるよね。

すごくわかるなぁ。。

私も、前に飼っていたポチちゃんは、完全なる外犬で、しつけもしたことなかったし、病院は、一年に1回しか行かなかったし、えさも好きなだけ食べさせていたし、、今思えば、悪い飼い主の見本だったね。。

でも、あの子には、あれが、一番居心地がよかったのだと思うんだ。。捨てられていた犬だからね。つかず離れず、みたいのが、安心だったんだよ。
あんまり、べたべたされるのも嫌だったし、、でも、絶対に、私を困らすことはしない、優しい子だったよ~~。番犬にもなっていたし。。(敷地に入ってきたときだけ、吠えるの)あとは、とっても穏やか~~。

う~~ん、誰かさんと、間逆??というか、誰かさんは、手をかけすぎて、いけない子になっている??


子育ては難しいね。。。

ライヤちゃん、思い出してもらって幸せ
私も先代犬は、セーブルのシェルティ
先代犬にしてあげられなくて後悔したこと、ドッグレス
になり10年以上飼う気になれなかったことなど思い出し
・・・その反動で今じゃ多頭飼いv-12

ライヤちゃん、新しい世界へ行って4歳になったんですね。
命日や誕生日は・・・感慨深いものがあります。

私も、すごく可愛くて凄く大切だった茶ッペ兄だけど、
しつけも知らなかったし、ご飯やおやつをもらって喜んで、お散歩行って楽しくて、人が来たらワンワンして。
ただそれだけだったかもしれません。
今のコ達に比べると可哀想だったかなと思うけど、
でもその時はそれが私たち家族の愛情だったんです。
だから、茶ッペ兄から学んだこと、たくさんあります。

ライヤちゃんも生きていたあのころは絶対幸せだったし、躾や訓練やアジとは縁がなかったけど、
ただ縁がなかったってだけ。
今はレクちゃんが、ライヤ姉さんの分も頑張ってるんだものね。
天国のライヤ姉さんと一緒にね。

ラッシュママさんへ

ライヤは子供たちが生まれる前からいたから、その点が違うのかなぁ。
マーボはとくにライヤを意識しているんだよね。



どるママさんへ

子供たちは忘れられない日みたい。
そんな風にライヤと関わってくれたことにライヤに感謝しているのよ♪



ネオママさんへ

ライヤはれくぱぱにも特別な子だったから。
長女ライヤって言うぐらいにね。子供たちにもしっかり根付いているのよ。



Fomalhaut さんへ

わかりますわかります。
それでもライヤはいい子だったし。
スキルも上がって反省点もいっぱいだけど、その当時は幸せだったんですよ。
もういない『ライヤ』は悲しい存在でないですね。心の中でもきちんと昇華した感が家族にあると思います。
楽しかった思い出、レクへの反省へと繋いでその絆は永遠。。。です(笑)



コロままさんへ

ほんとあの子はあの子で幸せだったんだ。
一緒に毎日多くの時間を過ごし、子供に付き合って歩いていても文句一つ言うわけでなく、、、、
レクもライヤに比べて手を掛けすぎかも。。。
だからああ、強気になった!?(笑)



ルーク父さんへ

時代って背景もあるんですよね。
今ほど犬を飼うってことの意識が違うのも事実だし。
いろんな思いを抱えつつルーク父さんはドッグレスになっちゃったんすね。それは辛かったことでしょう。
何故だか?ワタシはドッグレスにならず、近くに犬がいないことには耐えられないみたいで(笑)
でも個々はまったく別次元で迎えていますがね。



しんクーママさんへ

ライヤも毎日子供と一緒にお散歩するのが楽しみだったような子だったかも。
レクと違って昼間はお庭でフリーだし、五月蝿かったけど庭で車追っかけたり(爆)サッカーしたり楽しい日々だったと思います。
その存在が悲しい存在ではなく、心の中に大事な存在としていつまでもいるんでしょうね。

うるるる。。。

ライヤ姉さんは毛吹きが良かったんですねぇ。
美人だわ。

マーボもリーボも優しく育ててもらったのね。

レクちゃん、ワンパクさを少し控えてライヤ姉さんの幸せを祈りましょう。。。
私もお祈りいたします。

アデリーさんへ

ライヤは美人さんだったよ( ^∀^)
ホント、母性溢れた子。いっぱいお散歩してね。

やんちゃレクにも見習って欲しいものよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © レクりえーしょん all rights reserved.Powered by FC2ブログ