FC2ブログ

シェルティーブログランキング参加中

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

ポチッと一票ご協力お願いワン

投票後ランキングサイトが開きます



プロフィール

レックス

Author:レックス
ボク、シェルティーのレックス。
神奈川のクリスタルマリコ犬舎生まれ。
5.8Kgのチビシェルティー
シェルティー暦3代26年の
ママ・パパの元にきて、千葉で生活中
ヤクザな6才♂最近は白髪も出てきた!?

主な登場人物
れくぱぱ(PC管理人)
レクママ(へっぽこハンドラー)
リーボ♀(大学生) マーボ♀(中三)


最近のコメント


最近の記事


グリムス

おおきくなれ~レックスの木
世界中に木が増えるように

お友達のリンク


twitter


レックスのお気に入り

《画像クリックで詳細ページへ》

とり農園のコラーゲンスープ
レックスは、2週間に一本分をフードに
かけています。被毛に艶がでると
お友達にも評判です。ぜひお試しください



トリの味と歯ごたえを楽しむ北陸健康鶏のたたき
北陸健康鶏のたたき

ペット用小分けミンチのお試しセットペットの健康手作り食のお試しセット
ペットの健康手作り食のお試しセット


月別アーカイブ


フリーエリア


DATE: CATEGORY:レックスの日常




夜、21時半ごろ

リーボを駅まで迎えに行くのに

いつものように車を出した






にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村まずは、ポチッとおひとつご協力を       




携帯の方はこちらにポチっとお願いしますにほんブログ村 シェルティー



県道の交差点

街灯と信号でけっこう明るい



信号待ちで止まっていると対向車線に(交差点からすぐだよ!)

一台のプリウスがハザードランプつけて止まっていた


なんてとこに止まっているんだ

バス待ちか?(バス停が近いからそのお迎えか?)




迷惑だなあって思っていると

一人の女性が歩道からその角にある民家に向かって何かしていて、、

よく見ると仔猫が3匹

彼女の足元にいて

角の民家の敷地の中に追いやっている







CIMG3613s.jpg



こんな時間にこんな小さな仔猫が外に出ているわけがないから

すわ!仔猫、捨てている!?


それとも交通量の多い道路

仔猫に気付いたドライバーが仔猫をとにかく敷地内に追いやっている?


どっちにしても捨て猫だろうな



ホント、捨て猫が多いんです

うちに辺りは、、






まずいな、コレ


このままでは仔猫、轢かれちゃっても嫌だし

だけどれくぱぱは猫アレルギーがあるし

どうしようか、、


とは思ってんだけど信号が変わってしまい発進して

駅でリーボを拾って帰路へ



気になっていつもは帰路には通らないこの交差点を通って帰ることにしたよ



案の定、交差点の歩道には

さっきのプリウスはいず残るは仔猫だけ



やっぱり、、捨てられたんだろうな

(でもプリウスの女性が捨てたかはわからないけど)

リーボが確認したとこと

マンチカンに似たかわいい仔猫が一匹


残る二匹は姿が見えず

事故に合った様子がなかった

良かった~


誰かが連れて行ってくれてたらいいんだけどな



この仔猫どうしようかと思いつつ

とりあえず一度家に戻ったの


リーボはかなり後ろ髪引かれていた

それはワタシも一緒



でもいろいろ考えるとすぐには動けなくて

酷いとは思いつつモヤモヤ残して

どうしようもないよと自分たちに言い聞かせながら帰宅したの

(れくぱぱは猫アレルギーがあるから尚ね)



でも気になったからやはり見に行くと

もうこのマンチカンに似た可愛い仔猫はいなかった




すごくほっとした

バス停のある交差点でもあるから誰か連れて帰ってくれたのかも

信号待ちのドライバーさんが気づいて連れて行ってくれたかな?





CIMG3614s.jpg




田舎なんで猫の去勢をする家が少ないんだよね

でも外を闊歩する猫は多くて

だから仔猫が生まれて

捨てられることがホント、多い



だから捨て猫、年に何回か見かけては悩む

このとこと職場でも猫の話題が多かったし

飼い主の意識が変われば

こういう事も減るんだろうに



こちらに来た時から変わらない田舎の難しさです






シェルティーブログランキング参加中ポチッとお願いワン
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 投票後ランキングサイトが開きます



ペットシア

スポンサーサイト



テーマ : シェルティ☆大好き - ジャンル : ペット

| BLOG TOP |

copyright © レクりえーしょん all rights reserved.Powered by FC2ブログ